top of page
sekisuimainline-logo.png

OLIVER試走2024.6.5

Imagination is the beginning of creation. You imagine what you desire, you will what you imagine and at last you create what you will.

空想は創造の始まりである。

願いごとを空想し、次に空想したことを願いだし、ついには空想したことを創造する。

バーナード・ショー

sekisuimainline-logo.png

Event News

2024年6月9日の、埼玉県鶴ヶ島市「Railway Parkフェスティバル」が、関水本線の一般初公開日となりました。

関水本線とは、2024年6月に誕生する世界で最も新しいナローゲージの鉄道です。

線路は、工場棟と倉庫棟の外周に敷設された軌間762mm(2フィート6インチゲージ)と軌間610mm(2フィートゲージ)のデュアルゲージによる「関水本線」が中心となり、本線のみ三線軌条となります。ちなみに線形はエンドレス軌道で一周630mの非電化単線の路線です。

その関水本線から隣接するKATO Railway Park(鶴ヶ丘公園)内にあるのが3線からなる機関庫で、工場棟の方から1番庫線・2番庫線となりこれは本線から分岐した軌間762mmのみの軌道が入ります。公園側の3番庫線は途中、小さなターンテーブルがある軌間610mm専用軌道となります。

 また、工場棟エントランスには、軽便展示庫があり、デュアルゲージの関水本線から分岐する軌間762mmの軽便展示庫線が連絡していますが、展示車両の移動時以外では使わない線路となります。

関水本線は鉄道模型を生産する株式会社関水金属の中にあり、車両の稼働日は限られております。原則的に鶴ヶ島市のご協力のもとに公開日を設定してゆきますので、通常は立ち入りが許可されている部分(KATO Railway Park側)から機関庫中の車両をご覧ください。

 

shed03.jpg

右の軌陸車は保線用にお借りしているものです。

​CONTENTS

sekisuimainline-logo.png
bottom of page